ELS: Hirodai e-Learning Support

マスコットキャラについて

コンテンツ作成支援室のWebサイトや印刷物に、角帽をかぶった小さい奴がよく登場します。「これは誰なんだ」と疑問に思われている方も少しはいらっしゃるかもしれないので、ここに由来を記録しておきます。

*
イラスト:林雅子

2001年に広島大学でWebCT (3.6SE 英語版) を導入した当初、以下のようなマスコットキャラクタが使用されていました。名前を Dr.C と言うのを知ったのはもうしばらく後です。WebCT社のWebサイトのQ&A掲示板の名称も「Ask Dr.C」となっていました。

*

バージョンがCE4になったとき、ロゴマークは以下のように変わりました。Dr.Cの手元の道具箱が学位記に変わっています。

*

2005年にWebCT社がBlackboard社に買収されて以降、製品からは Dr.C の姿は見えなくなり、わずかにBlackboardのWebサイトに Ask Dr.C の名称が残っているのみとなりました。

このDr.Cをモチーフとして、2007年頃広島大学コンテンツ作成支援室で件のキャラクタが誕生し、2010年現在も使われています。イラストは支援員の林雅子さんです。正式な名前はありません。なお、ほとんど原型をとどめていないので不要とは思いましたが、一応CSKをとおしてBlackboardの方から利用許可を頂いています。